カテゴリー別アーカイブ: 総選挙

AKB48グループ総選挙速報結果から

AKB48グループ総選挙速報結果から

恒例のAKB48G総選挙 6月3日に速報発表が有りました。
1日分の投票結果ですが、笑う者もいれば泣く者もいる。

そんな中、大規模地震が発生した熊本県出身の2人。
チームHの「田中美久」ちゃんとチーム8の「倉野尾成美」ちゃん。
2人揃ってランクイン、おめでとうございます。
このまま本番でもランクインして欲しいものです。

毎年「さくらたん」の地元鹿児島は速報までに投票が間に合わないから
さんらたんはいつも速報は低位置だという話があります。

それが本当なら熊本も同じはず、もし熊本砲が存在するならターゲットは本戦。

2人揃って初ランクインするのを願っています。

そして「なるなる」にはには是非HKT48と兼任して欲しい。

「みくりん」への熊本砲は発動されたのか?

みくりんこと「田中美久」への熊本砲は発動された?

「さくらたん」の鹿児島砲
「さっしー」の大分砲

それに続く新たな大砲、熊本砲は発動されたのでしょうか。
県の規模から考えると、鹿児島や大分よりは少しだけ大きいのですが。

みくりんの選挙ポスターも熊本を前面に出しているし、
熊本の地方新聞社の「熊本日日新聞」のCMにも出演している「みくりん」。
熊本県民、意地でも負けられませんね。

熊本と言えば、チーム8の「倉野尾 成美」ちゃんも忘れたらだめですが、
今回はまだ「みくりん」がメインかと思います。

miku

総選挙が終わって

AKB48グループ最大の祭り「総選挙」が終わりました。
結果は HKT48の大躍進!

歓喜のメンバーがいれば、悔しい思いをしたメンバーも当然います。
みんな同じくらい努力していると思います。
なのに人気の出るメンバー、人気の出ないメンバー
まだ20歳前の女の子達には過酷なことかとも思います。

今回4位に輝いたSKE48のエース「松井珠理奈」はトップを獲れなかったと
あからさまに悔しがっていました。
このスピーチはどうなんだろうと思ってしまいました。
確かに彼女も人並み以上の努力をして、尋常じゃないプレッシャーの中で
頑張っていると思います。

でもこの総選挙で80位以内に入れなかった子、最後まで名前を呼ばれなかった子
彼女たちも努力しています。

珠理奈は格が違うと言ってしまえばそれまでですが。

HKT48に話を戻すと、
本当に大躍進、快進撃。

「指原莉乃」
残念ながら2連覇とはなりませんでしたが、
彼女のこの1年間のHKT48での実績は誰もが認める事となっています。
グループのお荷物とまで言われていた「HKT48」をここまでにした手腕
決して彼女だけの力ではないかもしれませんが、
博多の奇跡は「さしこ」無しでは考えられません。

「宮脇咲良」
咲良らしい素晴らしいスピーチ。
さくらたんは、運営の推しが有ったわけでもなく、
HKT48のセンターもやっていません。
自らの努力で今回の11位の座を勝ち取ったのだと思っています。
来年は神7入りも視野に入りました。

「兒玉遥」
はるっぴの昨年の「ちゅぶす」宣言、
選抜メンバーには届きませんでしたが、
何人もの先輩たちを、ちゅぶしてのこの順位、立派だと思います。
AKB48との兼任の中、HKT48選抜のセンターでは無くなりましたが
HKT48をここまでにした功績は誰もが認めています。

「森保 まどか」
博多のミステリアスガールがやっと全国区になりました。
あまりグイグイいくタイプでも無く、どちらかと言えは控えめな「もりぽ」
得意なピアノの披露とかで、確実に全国区へと進出していきました。
HKT48のビジュアル担当はAKN48グループのビジュアル担当の座を手に入れました。

「朝長美桜」
博多のツートップの一人「みお」
デビュー当時から「みお旋風」を起こしていましたが
これでみお人気も盤石に
てんとうむChu!の中でも、こじまこを差し置いてトップに
まだまだ「みお旋風」は吹き荒れます。

「田島芽瑠」
いまや博多の絶対的エース「める」
みおには遅れをとりましたが、この順位は胸を張れる順位だと思います。
田島店長と言うキャラも確立しつつあるメル、
みおと一緒にHKT48を更なる域へと導いてくれると信じています。

「穴井千尋」
博多のポンコツキャップがやってくれました。
もうポンコツとは呼ばせない、そんな「ちひろん」の心の声が聞こえてきそうです。
昨年までランクインしなかったのが不思議なくらいの美少女「ちひろん」
やっと知名度が全国区になりました。
ただしチームHのキャップはみんなの期待を裏切らず
ポンコツぶりを保発揮してくれる事でしょう。

「多田愛佳」
チームKⅣのキャプテン「らぶたん」
HKT48への移籍の決断はやっぱり正しかったと思います。
「らぶたん」と同じ立ち位置にいたたのメンバーが卒業して行く中、
妹キャラから、
チームKⅣのキャプテンとなり、みんなを引っ張って行く立場となっても
ちゃんとその責務を果たしているからこそ、今回のHKT48の快進撃が有ったのだと
思っています。

「本村碧唯」
泣き虫「あおいたん」がランクイン。
九州以外のAKB48グループのファンの知り合いに
HKT48の中では誰推しですかと尋ねると、みんな「本村碧唯」
と答えていました。
泣き虫キャラから火の女神へのキャラ変を果たした「あおいたん」
これからもAKB48グループの妹キャラとして愛され続けるでしょう。

「木本花音」
HKT48との兼任になった「木本花音」
中部地区に転勤になっていた頃テレビで
餃子のかぶりものをした「のん」ちゃんを見ました。
花音に関してはまだその程度の知識しか有りませんが
良い意味でHKT48とSKE48を融合して精進して欲しいです。

「坂口理子」
今回一番驚いたのは「りこぴ」のランクインかも。
HKT48の年長者として幼いメンバーの面倒を見つつ
本人はHKT48のセクシー担当として、ちょっと無理があるキャラを形成。
HKT48での出演回数もメンバーの中でトップを誇るがんばり、
ちゃんとファンは評価しています。

「松岡菜摘」
HKT48発足当時は、はるっぴと共に2トップの立ち位置だったのに
どんどん序列が落ちてしまった「なつ」
ただし博多のビジュアル2トップの座は誰にも渡していません。
博多のビジュアル担当「なつ」の反撃の始まりです。

「村重杏奈」
村重がランクインして安心しているファンも多いと思います。
速報でランクインしなかった時の、村重の焦りと落ち込みが目に見えるようでした。
グイグイだけどガラスのハートの持ち主「あーにゃ」
黙っていればAKB48グループの中でもトップクラスの可愛らしさなんですが。

「駒田京伽」
やったね「ぴー」ちゃん。
去年は名前を間違われたと愚痴っていたぴーちゃん。
今年はランクインして、名前も間違われませんでした。
「ぴー」ちゃんは本当に美少女ですよね。
声はちょっとお酒やけしていますが、それはそれで個性だから。

残念ながら、今回ランクイン出来なかったメンバー
悔しさは計り知れないものが有ります。
来年も総選挙は開催されると思います。
選挙戦はもう始まっているのかも知れません。

来年は3期生もランクインが狙えると思います。
また移籍となった「ちょり」「まり」にも来年は是非ランクインして欲しいものです。