小林よしのり氏がHKT単独コンサートで大号泣

HKT48武道館公演は、
カワイイ」の超特急だった。

開演直後、ステージに
白いウサギが駆け上がってきて
整列したかのような錯覚を覚える。

『君のことが好きやけん』 から
数曲を歌って一息ついた時、
早くも目頭が熱くなって困った。

故郷・博多の子たちが、
ついに武道館のステージに
上っている。

子供がいないわしにとっては、
我が子の晴れ姿のように感じて、
いきなり感激してしまった。

こんなことがあるんだ。

完全に年をとったな。

わしの大好きな
『渚のcherry』 のセンターを
指原莉乃 がやってるのを見て、
イラッとしたが、
まあここまでHKTを
統率してきたんだからと
好意的に見てやった。

『となりのバナナ』
田島芽瑠朝長美桜
やらせるのは、
「よかとやろか、これ?」
「し・・知らんけんね」
という感じ。

二人とも笑顔が最高に可愛い絵文字:重要

はるっぴ(兒玉遥) は、
大きな舞台になると、
場を制圧する
王道アイドルの輝きを
持っている。

宮脇咲良
身長が伸びたらしいが、
やっぱりキュートな表情と
しぐさが出来る
ファーストラビットだ。

村重杏奈中西ちょり も、
自己紹介程度の
ギャグで終わったが、
可愛さの方が目立っていた。

なぜ
やらせないのかわからん。

谷真理佳 ならもっと
ハチャメチャになったのに。

可笑しさで凄かったのは
田中菜津美 、中1のボスだ。

指原相手に堂々たるボスぶり。

指原の貧乳をばらしたり、
芽瑠がシーソーが好きで
子供すぎるとばらしたり、
ボスとさっしーの絡みは
最高に面白い。

らぶたん(多田愛佳) が、
やっぱりわしのツボで、
カワイイ絵文字:重要
えくぼが愛らしい。

まだ18歳なのに、
「姐さん」 と呼ばれることに
不満を漏らしつつも、
「ロリコンは卒業したので」
なんて言ってしまう
クールさも発揮する。

「移籍して良かった」
言ってくれたときは、
思わず目頭が・・・

キャプテンの
穴井千尋 ちゃんが
泣きながらコメントしたときも、
もらい泣きした。

最後に客席にいるわしを見つけて、
らぶたん が柵から身を乗り出しながら、
「よしりん絵文字:重要」と手を振っていた。

18歳といえども、
やっぱり子供に見える。

HKTの子たちに
同化しちゃってるんじゃないかな?

徹底的に妖精の可愛さで
押し切った果てに、
感動で涙があふれる
単独公演だった。

本物の純粋さがHKT48にはある。

白黒つけると言うなら、
これ以上の純白はない絵文字:重要

引用 : 小林よしのり氏のブログ

>故郷・博多の子たちが、
>ついに武道館のステージに
>上っている。
>
>子供がいないわしにとっては、
>我が子の晴れ姿のように感じて、
>いきなり感激してしまった。
>

自分も子供がいないので、
このくだり、まったく同感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。